身体の不調と咬み合わせ

咬み合わせと全身トラブルの深い関係

最近肩こりがとれない ぐっすり眠れない日が続いている 顎から音がする 口が大きく開けられない……

このような症状があるならば、咬み合わせの不具合が考えられます。咬み合わせが悪いと、口腔周辺だけでなく全身へも悪影響が及びます。こういった症状でお困りでしたら、早めにご相談ください。早めに適切な治療を受けることで、お悩みが解消されることがあります。

院長からのメッセージ
  • マークシティ酒井歯科院長 斎藤義章
  • 東急プラザ酒井歯科院長 田邊陽

「口の開け閉めのときにときどき顎から音がする」
「口が開きにくい」
このような方はいらっしゃいませんか?
このような症状があらわれている場合、顎関節症かもしれません。放置すると、お口が開かなくなることもあります。食事や会話に支障が出ることも。そんなときは、なるべく安静にして、早めに受診することをおススメします!

顎関節症は長引くと関節の変形をももたらす怖い病気ですが、その成因論、治療方法も色々と変化してきています。再発することも多く、永く患う方も多い病気ですので、先ずはその病態を理解していただく事が大切だと思います。
咬み合わせや日常の習慣・顎を動かす為の筋肉が密接に関連していますので、そのあたりを調べてよくご説明いたします。

咬み合わせが乱れてしまうと・・・

咬み合わせは、歯並びや顎関節、周辺筋肉などの絶妙なバランスで成り立っています。そのため、ちょっとしたことで乱れやすい部分でもあります。

例えば、片側でばかり咬むようになったり、歯を失ってしまったり、頬杖をついたりすることで、咬み合わせのバランスは簡単に崩れてしまいます。咬み合わせの乱れが招く体の歪みから悪循環に陥り、さらに双方を悪化させることすらあるのです。

咬み合わせの乱れが及ぼす全身への悪影響

咬み合わせが崩れることによって体の歪みが生じ、次のような悪影響を招いてしまうおそれがあります。

  • 顎関節症
  • 筋肉の過緊張
  • 頭痛・腰痛・肩こり
  • 血圧異常・血行障害
  • 歯周病の進行
  • 歯の摩耗・知覚過敏
  • 口腔内の粘膜を咬みやすい
  • 生理痛・生理不順など婦人科系のトラブル
  • 自律神経失調症
  • 無気力感
  • 耳鳴り
  • 不眠
  • 運動能力の低下
など

咬み合わせ改善のための治療法

スプリント療法

スプリント療法

「スプリント」というマウスピースを作製し、就寝中に装着する治療法です。無意識に行っている歯ぎしりや食いしばりなどが、咬み合わせの乱れにつながっている場合に行います。

咬み合わせはほとんどが無意識のうちに乱れていくため、自分で気づくことは大変困難です。また、顎関節症は症状によって適切な治療法も変わってきます。異変を感じることがあれば、お早めにご相談ください。治療には咬み合わせの認定医があたりますので、安心してお任せいただけます。

  • ページの先頭に戻る